8時間の睡眠時間をとると良い理由

睡眠時間は8時間とることが理想とされています。

 

睡眠時間が短いと、肥満になりやすい可能性が高まります。それは、ホルモンのバランスが崩れてしまうことから生じます。レプチンと呼ばれているホルモンと、グレリンと呼ばれているホルモンのバランスが8時間睡眠でとられるためです。レプチンは、脂肪細胞が分泌しており、食欲を抑える働きがあります。グレリンは、胃腸で作られており、食欲を増進する働きがあります。睡眠時間が短くなると、レプチンが減ってしまい、グレリンが増えます。そのため、食欲が増進されてしまい、肥満へと繋がる可能性が高まります。

 

食欲増進ホルモンは、多量に出ることで、高カロリーの食事を欲するようになります。ラーメンやケーキなどが食べたくなる場合が多くなり、その結果脂肪がついてしまうのです。空腹感と満腹感のバランスをとるには、良質な睡眠を適切な時間しっかりとることが大切なのです。ダイエットを行う場合などにも、きちんとした睡眠を心がけ、実践することで、より効率的に、健康的に行うことができます。

 

アーモンド夕食は、就寝予定の三時間前ほどに済ませることで、胃腸の働きが落ち着き、よく眠れるようになります。また、朝食をとることもより良い睡眠をとるためには、大切なポイントです。

コメントは受け付けていません。