コーヒーの利用とその効果

コーヒーにはさまざまな効果があります。猫12

 

血管内部にできた血栓を溶かす働きがあり、動脈硬化によって引き起こる心筋梗塞や脳梗塞・糖尿病などの生活習慣病などを予防する働きがあります。手がこわばって震えたり、表情が乏しくなる難病のパーキンソン病の発症を抑える可能性があるといわれています。脂肪肝の発症を抑える効果があります。シミを予防する働きがあり、ポリフェノールのクロロゲン酸類の働きによるものといわれています。コーヒーにはカフェインが含まれていて、神経伝達回路に作用して中枢神経興奮作用や筋収縮作用があります。

 

カフェインは、コーヒー豆や茶葉・カカオ豆に含まれている苦みをもった天然成分になります。ダイエット効果があり、脂肪の分解を促進させるリパーゼという酵素を活性化する働きがあり、体内の脂肪を燃やす効果があります。

 

利用作用や口臭予防・血液循環改善効果・細胞修復効果・気管支拡張作用・強心作用などの作用があります。末梢の血管を拡張させる働きがありますが、脳の血管は収縮させるので頭痛改善にも効果があります。女性は男性よりもカフェインの代謝が早く、タバコを吸う人吸わない人に比べて吸収が早いという特徴があります。

コメントは受け付けていません。